介護ヘルパーが知っておきたい体に優しい移動技術

ベッドから車いすへの移乗/左片まひの場合【介護ヘルパーが知っておきたい体に優しい移動技術】

ベッドから車いすへの移乗/左片まひの場合

@ 利用者さんに目的と方法を話し、了解と協力を得ます。

 

A 利用者さんはベッドに浅く腰掛け、健足を少し引いておきます。

 

B ベッドに対し、30度くらいの角度で健側に車いすを置きます。
  車いすはブレーキをかけてフットレストは開き、
 その先端を利用者さんの健側のふくらはぎの後に入れます。
 (角度が大きくなると、移動距離が多くなります。)

 

C 利用者さんに前かがみの姿勢をとってもらいます。
  顔は車いすと反対のほうを向いてもらいます。
  介護者の支持基底面を広げることにより、
 より安定した動きをすることができます。

 

D 介護者は右足を利用者さんの足の間に入れます。
  そして、介護者の左足を車いすと平行に、
 前後の重心移動ができるように置きます。
  利用者さんの右手は介護者の肩にかけてもらいます。
  介護者は利用者の両脇から差し入れた手を背部で組み、
 利用者さんがさらに前かがみなるように上半身をひきます。
  このとき、介護者の重心を後方の左足に移すと、
 利用者の腰が上がります。

 

E 利用者さんの健側の足軸にして回転し、
 利用者さんを車いすの座面に座らせます。

 

F 座面に深く座ってもらうため、
 利用者さんの健側の手で患側の肘を支えてもらい、
 健側の足を引いて前かがみに成ってもらいます。
  このように前傾の姿勢をとってもらうことで、
 臀部の面積が小さくなります。

 

G 介護者は、車いすの後方から利用者のワキの下に手を差し入れます。
  そして、健側の前腕に両手を重ね、
 さらに前かがみにして前方に重心を移します。
  次に、車いすの深い位置まで、利用者さんを引き寄せます。
  このとき、利用者さんに協力が得られる場合は、
 健側の足で踏み込んでもらうとより容易に動くことができます。


ホーム RSS購読 サイトマップ