介護ヘルパーが知っておきたい体に優しい移動技術

仰臥位から腹臥位【介護ヘルパーが知っておきたい体に優しい移動技術】

仰臥位から腹臥位

@ 利用者さんに目的と方法を話し、了解と協力を得ます。

 

A 利用者さんに、健側の手で患側の肘を押さえてもらい、
 身体を小さくまとめてもらいます。

 

B ベッドの中央で腹臥位になってもらうため、
 患側に水平に引き寄せます。
 (両者の重心を近づけ、回転しやすくするために
 利用者さんを水平に引き寄せるようにします。)

 

C 利用者さんの健側の手はあげておき、
 麻痺側の下肢を健側の上に乗せます。

 

D 介護者は、左手を利用者さんの患側の肩に当てて、
 右手を腰の上に置き、利用者さんを回転させるようにしながら
 腹臥位にしていきます。

 

E 介護者は、支持基底面を広げ、自分の重心をあげるように
 身体を上に伸ばします。
  介護者の重心を上に上げることで、利用者さんの回転を促します。

 

F 利用者さんは回転し、腹臥位となります。
 顔を横に向けて、両上肢を利用者さんに確認しながら安定させましょう。
  両上肢を安定させるときは、肩やひじの関節の可動域や
 良肢位を知っておくと、利用者さんに無理な負担をかけず、
 効果的に動くことができます。

腹臥位から仰臥位

@ 利用者さんに目的と方法を話し、了解と協力を得ます。

 

A 利用者さんの患側の下肢を健側の上にのせ、
 患側を水平に移動させて寄せて起きます。
 (摩擦を少なくし、回転しやすいようにします。)

 

B 利用者さんの健側上腕を頸に回し、
 介護者は右手で利用者さんの健側の右ひじを握ります。
  介護者の左手は、利用者さんの腸骨を支えましょう。

 

C 介護者の左手を、利用者さんの左腸骨に置き、
 介護者のほうに引き寄せます。
  介護者は前方から後方に重心を移しましょう。
  利用者さんの右腸骨が支点になり、
 介護者が重心を後方に下げたことによって利用者さんが回転できます。

 

D 利用者さんを安定した仰臥位に整えます。

仰臥位から長座位

@ 利用者さんに目的と方法を話し、了解と協力を得ます。

 

A 利用者さんの腰の右側辺りに、介護者が右ひざをつきます。
 そして、利用者さんの右肩のあたりに左ひざを立てましょう。

 

B 利用者さんに腕を組んで両肘を支えてもらい、
 介護者は、左手を利用者さんの頸から肩甲骨部へ差し入れ、
 肘関節で頸を支え、肩甲部を支えた手掌と右手を組みます。

 

C 介護者は、利用者の左肩を手前に引くように力を入れて、
 同時に左右にあった重心を後に移し、
 利用者さんの身体を起こしていきます。

 

D 利用者さんの身体を起こしながら、介護者は後方へ回り込み、
 背部を支えるようにして安定させます。


ホーム RSS購読 サイトマップ