介護ヘルパーが知っておきたい体に優しい移動技術

ベッドでの上方・下方移動【介護ヘルパーが知っておきたい体に優しい移動技術】

ベッドでの上方・下方移動

上方移動

 

@ 利用者さんに目的と方法を話し、了解と協力を得ます。

 

A 上方移動しやすいように枕を上にずらし、
 利用者さんに腕を組んでもらい、ひじを固定します。
  このとき、腕を組ませるのは、腕を組ませることによって
 基底面を少なくし、分散している重さを重心に集中させるためです。
  こうすることによって、介護者の負担が少なくてすみます。

 

B 介護者は利用者さんの肩のところに立って、
 頸から肩甲骨部に左手を差し入れ、
 右手は組んだまま肘を持ち、上半身を起こします。
  このとき、膝が立てられるようであれば、
 膝を立ててもらい、足底で布団を踏みつけるように
 力を入れてもらいましょう。

 

C 利用者さんの健足の膝を立ててもらい、
 ベッドに足底をつけて踏み込んでもらいます。
  介助者は、前方の足から後方の足に重心を移し、
 介護者の重心に合わせて移動していきます。
  このように、腕の中だけでなく、
 自分の重心の移動で利用者さんを動かすことにより、
 身体への負担が少なくてすみます。

 

D 枕を整え、仰臥位で安定した姿勢にします。

 

 

下方移動

 

@ 利用者さんに目的と方法を話し、了解と協力を得ます。

 

A 利用者さんに、両肘をてこにして上腕で上半身を支えるようにしてもらい、
 両膝を立てて足底をベッドにつけます。

 

B 介護者は、利用者さんの腰・臀部に近い太股部を持ちます。
  利用者さんに、肘に力を入れ、上腕で上半身を支えてもらい、
 足底でベッドを踏みつけるようにして腰を浮かせてもらいます。
  介護者の介助で下方に移動します。


ホーム RSS購読 サイトマップ