介護ヘルパーが知っておきたい体に優しい移動技術

移乗シート(スライディングシーツ)を使用したベッドでの上方移動【介護ヘルパーが知っておきたい体に優しい移動技術】

移乗シート(スライディングシーツ)を使用したベッドでの上方移動

(1) 移乗シート(スライディングシーツ)の機能

 

スライディングシートは、内側に滑りやすい特殊加工布を使用した
筒状の移乗シートです。

 

利用者さんを移動させたいときに
移乗シート(スライディングシーツ)を用いると、便利です。

 

ギャッチベッドでギャッチアップすると、
足元に身体がずり落ち、枕元に引き上げるときに
苦労している場面は少なくありません。

 

そのようなときに、スライディングシートを便利に利用し、
利用者さんを安全に移乗しましょう。

 

(2) スライディングシートの使用方法

 

利用者さんをシートの上面に乗せ、
動かしたい方向にシートをずらしながら
利用者さんを動かしていきます。

 

(3) スライディングシートの使用例

 

A. 上方への移動その1

 

背から臀部までの大きさのシートを使用します。

 

利用者さんが、足に力を入れることができるようであれば、
自力で移動することも可能です。

 

足底にマットの下に敷くような
滑り止めのシートを使用すれば、
より大きな力を加えることができるでしょう。

 

B. 上方への移動その2

 

@ 利用者さんが自力で上方移動ができない場合は、
 まず、利用者さんに足を立ててもらいます。

 

A 支持基底面を小さくし、利用者さんの両肩を持つか、
 スライディングシートの内側が滑るように布を持ち、引き上げます。

 

C. 上方への移動その3

 

@ 両肩にスライディングシートを入れて、ヒップベルトを使い、
 肩を滑らせながら引き上げます。

 

A 敷物が滑らない場合は、
 市販されている滑り止め用のマットを 利用者さんの足元に敷くと、
 利用者さんの足の踏み込みに力が加わり、動きやすくなります。

 

D. 上方への移動 その4

 

膝を使うことができる利用者さんであれば、
足元を抑えることによって、
利用者さん自身が自分の力で背部を滑らせ
上方移動をすることが可能です。

 

(4) その他の使用方法

 

A. 起き上がり

 

背部にスライディングシートをいれ、
ベッドの柵をつかみながら身体をずらしていくと、
仰臥位から小さな力で起き上がることが可能になります。

 

B. ベッドから車いすへの移乗

 

肘のはね上げ式車いすに捕助ベルトを組み合わせ、
移乗シートで横すべりをすると、
小さな力で移乗が可能になります。


ホーム RSS購読 サイトマップ