介護ヘルパーが知っておきたい体に優しい移動技術

ハンディトラストを使用する方法【介護ヘルパーが知っておきたい体に優しい移動技術】

ハンディトラストを使用する方法

(1) ハンディトラストの機能

 

ハンディトラストは、
身体に接する部分に滑らないための加工が施されていて、
利用者さんの移動時に摩擦を少なくすることができ、
より小さな力で移動させることができるものです。

 

(2) ハンディトラストの使用方法

 

ハンディトラストは、内側が滑るようにできています。

 

二つ折りにし、利用者さんの臀部の片側に入れて、
利用者さんを傾けながら移動させます。

 

利用者さんの体位が不安定になるので、
介助者は利用者さんの身体を支え、
バランスが崩れないように移動させます。

 

(3) ハンディトラストの使用例

 

A. 前からの介助の場合

 

@ 利用者さんの臀部を浮かせ、
 ハンディトラストを2つ折にして臀部の片側に入れます。

 

A ハンディトラストの上に利用者さんの体重がかかるようにして、
 バランスを崩さないように身体を支えながら動かします。

 

B. 後からの介助の場合

 

@ ハンディトラストを二つ折りにし、
 最も体重がかかる部分に座面(滑り止めが付いている面)が
 身体に接するように敷きます。

 

A 利用者さんを傾けながら、
 ハンディトラストを引っ張ります。

 

B 引き終えたところで、利用者さんを安定させます。


ホーム RSS購読 サイトマップ