介護ヘルパーが知っておきたい体に優しい移動技術

ベッドからの移乗/回転板(ターンテーブル)を使用する【介護ヘルパーが知っておきたい体に優しい移動技術】

ベッドからの移乗/回転板(ターンテーブル)を使用する

(1) 回転板(ターンテーブル)の機能

 

回転板(ターンテーブル)は、移乗の際の方向転換を
容易にするためのものです。

 

回転盤にも、いくつかの種類があります。

 

利用目的や利用場所に応じたものを選択することが必要です。

 

(2) 回転板(ターンテーブル)の使用方法

 

利用者さんの臀部や足を乗せて、方向転換をします。

 

方向転換をする際、利用者さんに車いすの肘掛をしっかり支持してもらうなど、
バランスを崩さないような体勢を作ることが安全のために必要です。

 

介助する際は、回転盤に介護者の足をかけて行う技術を必要とします。

 

(3) 回転板(ターンテーブル)の使用例

 

A. 利用者さんが介助を必要とする場合

 

@ 介護者のつま先で回転板(ターンテーブル)の回転を確実にとめます。

 

A つま先で回転板(ターンテーブル)の回転を確実に止めて、
 利用者さんを立ち上がらせます。

 

B 回転板(ターンテーブル)の回転をコントロールしながら
 向きを変えます。

 

C 介護者のつま先で、回転板(ターンテーブル)の回転を確実に止めてから、
 利用者さんを座らせます。
  着座したら回転板をとり、利用者さんの足底を床につけて
 深く座らせます。

 

B. 利用者さんが自立できる場合(車いすからベッドへ)

 

@ 立ち上がる前に、肘掛をしっかり持ちます。

 

A 肘掛をしっかりと持ち、バランスを崩さないように回転してもらいます。

 

B バランスをとりながらベッドに座ります。


ホーム RSS購読 サイトマップ