介護ヘルパーが知っておきたい体に優しい移動技術

ベッドからの移乗/トランスファーボードを使用する【介護ヘルパーが知っておきたい体に優しい移動技術】

ベッドからの移乗/トランスファーボードを使用する

(1) トランスファーボードの機能

 

トランスファーボードは、下肢の力が弱く、
臀部を浮かせて移乗ができない場合に用いる移乗アイテムです。

 

(2) トランスファーボードの使用方法

 

トランスファーボードは移乗する距離によって、
使用するボードを選択する必要があります。

 

車いすもなるべくベッドに近づけるようにします。

 

車いすはフットレスが容易に取り外せるもの、
スイングするもの、アームレストも取り外せるもの、
はねあげのものを選ぶと便利です。

 

トランスファーボードを使用するときは、
ボードの両幅が少なくても15センチ以上支持されるようにします。

 

また、安全のため、車椅子とベッドの隙間は
10センチ以内になるように設定します。

 

(3) トランスファーボードの使用例

 

@ 利用者さんに目的と方法を話し、了解と協力を得ます。

 

A 利用者さんの身体を支えながら傾け、
 臀部を浮かせてトランスファーボードを差し込みます。

 

B 利用者さんの身体の傾きを戻し、
 トランスファーボードの上に利用者さんの臀部を乗せます。

 

C トランスファーボードの上を滑らせるように移乗します。
 捕助ベルトを使用すると、より安定感のある移乗介助ができるでしょう。

 

D 移乗したら、利用者さんの身体を傾け、
 トランスファーボードを外します。


ホーム RSS購読 サイトマップ